はじめての保険見直し
生命保険見直し3つのポイント 生命保険見直し4つの方法 生命保険見直し5つのステップ 生命保険見直し6つの判断基準 生命保険見直しメールセミナー 生命保険見直し用語集 無料ダウンロード
生命保険の見直し > 保険見直しコラム



【将来のお葬儀代は1000万円になる!?のウソ・ホント】


イキナリ、質問しますッ!!


Q:自分の“葬儀代”や“お墓代”を遺族に負担を
  させたくないから、保険に加入しよう。って思いますか?




下記の簡単アンケートフォームに記入のうえ、
アドレス:miyagoshi@mylifenavi.net までご返信ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜簡単アンケート〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  
  ●回 答: 思う  /  思わない
        (どちらか選択してください)


  ●コメント:(必須ではありません)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



私の友人であるオースラリア人の
“サイモン”(←本名)から聞いた話です。

「日本人は、保険が好きだね〜!」
「自分の葬儀費やお墓のために保険に入る人が多いって聞いたよ!」
「俺には理解できないね〜」



たしかに、私が保険見直しのアドバイスをした方でも、
95%以上の方は、葬儀代やお墓代など(死亡整理資金)を
生命保険で準備することを希望されますね〜。


その準備方法として、終身保険を提案することが多いです。


お葬儀代だけで良いのであれば、300万円。
お墓代も保険で準備したい無い場合は500万円。
っと、ザックリした目安を皆さんも聞いたことがありませんか。


ここで、下記のデータをみてください。

1983年 117万円
1986年 172万円
1989年 156万円
1992年 208万円
1995年 204万円
1999年 229万円
2003年 237万円


これは、(財)日本消費者協会が行った
葬儀に関するアンケート(第1回〜第7回)ので
葬儀費用にいくら掛かったのか?というデータです。


友人のサイモンに、日本の葬儀費データを話すと、


「高いね〜!!」 の一言。



このデータでは、
過去20年間の葬儀費の単純上昇率は約5%になります。


じゃぁ〜
もし、この上昇率で、今後も推移していくならば、

・20年後〜30年後で現在の2倍の600万円ほど?
・40年後〜50年後で3倍〜4倍の900万円〜1200万円ほど?

ってことになるかもしれないッッ ? ? ? ? (-_-;)



エッ〜!!!!(驚&悩)


もし、そうであるなら、終身保険は変額終身保険が良いのでは?
っと思ってしまいますよね。

 (変額終身保険については、このコラムでどうぞ)
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  変額保険「終身型」って怖い!?



しかし、お客様の葬儀にたいする考え方を
ヒアリングすると、下記のような方々が増えてきているように感じます。


・葬儀は地味にやってくれればいい。
・灰を海に撒いてくれれば、それでいい。
・お墓は、要らないよ〜。
・燃やしてくれればいいよ。
・身内や友人が集まって、会食だけしてくれればいい。
・宇宙葬でいい。

上記は、私が実際に聞いたことを列記しました。
(冗談半分で言われた方もいると思いますが・・・)


つまり、過去の上昇率を考えると、
今後の葬儀代は上昇し続けるように思いますが、
葬儀に対する人の考え方(価値感)は、
お金をたくさん掛けなくても良い――という
傾向にあるように思います。

(でも、宇宙葬って、逆にお金が高く掛かりそうだけどなァ〜)



さらに、生きている間に「生前葬」というイベントを実施する
人もいると聞きました。今後のお葬式はどうなるのでしょう?



とにかく、


葬儀費用の上昇 & 人の葬儀にたいする価値感の変化 が
どのように影響し、将来の葬儀代やお墓代(死亡整理資金)が
変化していくのか?という疑問がでてきます。

(ーー;)


よって、生命保険で準備する場合の金額をいくらにすれば良いのか?
ということにもなりますよね。



おおッ〜と!!
そう言えば、これから私は、仙台に行かなければいけなかったんだ!!


ごめんなさい。m(__)m


   今日の講義は時間があまりないので、
         この続きは、またの機会にお話したいと思いま〜す。



――次のコラムでは、とても重要な基本をマスターできる、
   保険証券分析で注目する2つのポイントをお送りします!



▼住まいと保険と資産管理・東京本社の様子
 →FPの事務所風景はこちらから

▼現在、保険の見直しを検討されている方へ


  1.毎月の保険料がトータルで3万円以上(20代は2万円以上)と負担感がある方
  2.過去に勧められるがままに加入した保険を一度も見直していない方
  3.不測の事態が起きても困らないプランを専門家と一緒に作りたい方

  
3つのいずれかに当てはまる方は ⇒
保険見直し相談 
(←まずは初回相談の利用からおすすめします)

生命保険見直し相談はこちら

東京本社・大阪・名古屋・静岡など、青森から福岡まで全国25支部にて3つの領域に強いFPの相談が受けられます。専門のファイナンシャルプランナーによる個別のサポートを受けながら、適切な「保険見直し」を行いたい方は、初回相談(60分2,100円)から気軽に利用ください。お問い合わせ・ご予約は、0120-374-849(平日10:00〜20:00)までどうぞ ⇒保険見直し相談

監修責任者 宮越 肇

宮越肇が動画で解説 『ファイナンシャルプランナーに保険見直し相談をしたい方へ』(4分05秒)


  運営会社情報


保険見直し体験談
生命保険見直しBlog

◇39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン
◆人気の『女性のためのミニセミナー』受講受付中



■生命保険見直しコラム

保険証券分析で注目する2つのポイント

子供が生まれると、もれなくついてくる保険

自営業者とサラリーマンの深いミゾ

実は2種類ある学資保険

あなたの入院日額はいくら必要?

「お小遣いがもらえる保険」のナゾ

変額保険「終身型」って怖い!?

終身保険1000万円は必要か?

パパが残してくれた4000万円のてん末 

「個人年金、今から入るのはソンなの?」

「必要な保障額は、減っていく!?」

医療保険の落とし穴

安全な保険会社のみわけ方

保険証券分析で見るべきもう一つのポイント

  公的遺族年金、まだまだ遠い男女平等への道

あなたも入っている?!最強の医療保険

  「短期払い」と「終身払い」どっちがお得?

仏壇から出てきた30万円の保険証券

自分で保険を見直そう! の ウソ・ホント?!

この半年間で変わった??“保険見直し方法”とFPのスキル


気持ちが“ガックシ”落ち込む“学資”保険(笑)






Copyright(c),はじめての保険見直し & 住まいと保険と資産管理 All Rights Reserved.
Powered by HIA