はじめての保険見直し
生命保険見直し3つのポイント 生命保険見直し4つの方法 生命保険見直し5つのステップ 生命保険見直し6つの判断基準 生命保険見直しメールセミナー 生命保険見直し用語集 無料ダウンロード
生命保険の見直し > 保険見直しコラム



【あなたの入院日額はいくら必要?】


医療保険のテレビコマーシャルで

 「1日1万円! 1日1万円!」

というフレーズを耳にしたことはありませんか?

これを聞くと「やっぱり入院した場合、1日1万円は必要だな。」
って思ったりしませんか?

今日の講義を最後まで聞くと、入院した場合に備える
あなたの入院日額が本当はいくら必要なのか、わかりますよ!




  ▲○ 
 
□▽ ■    
あなたが病気やケガをしたときの不安は?


さて、みなさんに質問します!!
病気やケガにたいして、どのような不安がありますか?


ちなみに、生命保険文化センターの
「H22年度生活保障に関する調査」では、
長期の入院で医療費がかさむことへの不安が第1位になっています。

そして、ガン、心疾患、脳血管疾患
という、いわゆる3大生活習慣病にかかること、
治療の長期化で収入が途絶えることなどの不安があげられています。


なかでも、3大生活習慣病についてお話すると・・・
40代から80代まで、3大生活習慣病での死亡が過半数を超えているようです。


●年齢別にみた主な死因の状況(死亡者の割合)
 厚生労働省「平成20年人口動態統計概況」


・40代→ ガン30.4% + 心疾患11.5% + 脳血管疾患8.6%= 
50.5%
・50代→ ガン43.2% + 心疾患11.9% + 脳血管疾患8.4%= 
63.5%
・60代→ ガン48.0% + 心疾患12.3% + 脳血管疾患7.9%= 
68.2%
・70代→ ガン39.8% + 心疾患13.8% + 脳血管疾患9.6%= 
63.2%
・80代→ ガン22.9% + 心疾患17.8% + 脳血管疾患17.1%= 
57.8%


では、この3大生活習慣病での平均入院日数についてお話すると・・・


●年齢別にみた3大生活習慣病の平均在院日数
 厚生労働省「平成20年患者調査」


・15〜34歳 → ガン15.1日 心疾患13.0日 脳血管疾患29.8日
・35〜64歳 → ガン17.5日 心疾患11.2日 脳血管疾患57.6日
・65歳以上 → ガン25.9日 心疾患29.0日 
脳血管疾患118.4日


上記のデータから、
65歳以上の脳血管疾患の平均在院日数の長さが目立ちますね。

私は、ガンの平均在院日数が、思っていたより短いと思いましたが、
みなさんはいかが感じたでしょうか?




  ▲○ 
 
□▽ ■     医療保険の金額の決め方は?


平成22年「生活保障に関する調査」
生命保険文化センターの調べによると、
疾病入院給付金日額の希望額は
男性が12,300 円、女性が10,600 円となっています。



では・・・・

 「やっぱり入院した場合、テレビコマーシャルが言うように、
  1日1万円は必要じゃないか!、 むしろ、
  1日1万円以上必要じゃないか!!」 

っと思った、あなた! ちょっと待ってください!!


確かに、重たい病気などの場合においても
医療費などを全額カバーするためには
1日あたり10,000円を超える額を備える必要がありますが、

  この日額を全て、医療保険で備えるかどうか

が、ポイントです。

入院したときにかかる費用のうち、

 「【医療費の自己負担】の部分くらいは、医療保険でカバーしたい。
 あとは貯蓄を取り崩せば何とかなる」

という方であれば、

日額5,000円くらい給付される医療保険でOK
と考えることも可能です。





  
▲○ 
 
□▽    3通りのパターンにおける必要な医療保険の日額は?


結論!!

万が一の入院にかかる自己負担の費用を、
民間の医療保険で、どれだけカバーしたいかが、ポイントです。

万が一の入院にかかる自己負担分を・・・・

 ● 
全額、医療保険でカバーしたい人は1万円以上
 ▲ 
【医療費の自己負担】の部分はカバーしたい人は5,000円
 ■ 上のどちらでもない人は、5,000円〜1万円以内

何も、医療保険だけが入院の備えではなく、
貯蓄も備えになります。

上記の3つを1つの目安として
医療保険の入院日額を検討してみてください。


最後に・・・

医療保険に加入すれば安心感はありますが、
加入したからと言って、病気にかからなくなる訳ではありません。

例えば、日額5,000円の医療保険に加入して、
日額1万円との月々の保険料の差額の7,425円(仮)
をスポーツジムに通うお金として活用した方が、
健康的で良いという人もいると思います。(^_^)

ちなみに、私は日額7,000円の医療保険に加入しています。





――さて、次のコラムでは、おトクに見えるけど実はそうでも…という話、
   「お小遣いがもらえる保険」のナゾ をお送りします!





▼住まいと保険と資産管理・東京本社の様子
 →FPの事務所風景はこちらから

▼現在、保険の見直しを検討されている方へ


  1.毎月の保険料がトータルで3万円以上(20代は2万円以上)と負担感がある方
  2.過去に勧められるがままに加入した保険を一度も見直していない方
  3.不測の事態が起きても困らないプランを専門家と一緒に作りたい方

  
3つのいずれかに当てはまる方は ⇒
保険見直し相談 
(←まずは初回相談の利用からおすすめします)

生命保険見直し相談はこちら

東京本社・大阪・名古屋・静岡など、青森から福岡まで全国25支部にて3つの領域に強いFPの相談が受けられます。専門のファイナンシャルプランナーによる個別のサポートを受けながら、適切な「保険見直し」を行いたい方は、初回相談(60分2,100円)から気軽に利用ください。お問い合わせ・ご予約は、0120-374-849(平日10:00〜20:00)までどうぞ ⇒保険見直し相談

監修責任者 宮越 肇

宮越肇が動画で解説 『ファイナンシャルプランナーに保険見直し相談をしたい方へ』(4分05秒)

  運営会社情報


保険見直し体験談
生命保険見直しBlog

◇39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン
◆人気の『女性のためのミニセミナー』受講受付中




■生命保険見直しコラム

保険証券分析で注目する2つのポイント

子供が生まれると、もれなくついてくる保険

自営業者とサラリーマンの深いミゾ

実は2種類ある学資保険

あなたの入院日額はいくら必要?

「お小遣いがもらえる保険」のナゾ

変額保険「終身型」って怖い!?

終身保険1000万円は必要か?

パパが残してくれた4000万円のてん末 

「個人年金、今から入るのはソンなの?」

「必要な保障額は、減っていく!?」

医療保険の落とし穴

安全な保険会社のみわけ方

保険証券分析で見るべきもう一つのポイント

  公的遺族年金、まだまだ遠い男女平等への道

あなたも入っている?!最強の医療保険

  「短期払い」と「終身払い」どっちがお得?

仏壇から出てきた30万円の保険証券

自分で保険を見直そう! の ウソ・ホント?!

この半年間で変わった??“保険見直し方法”とFPのスキル


気持ちが“ガックシ”落ち込む“学資”保険(笑)







Copyright(c),はじめての保険見直し & 住まいと保険と資産管理 All Rights Reserved.
Powered by HIA