はじめての保険見直し
生命保険見直し3つのポイント 生命保険見直し4つの方法 生命保険見直し5つのステップ 生命保険見直し6つの判断基準 生命保険見直しメールセミナー 生命保険見直し用語集 無料ダウンロード
生命保険の見直し > 保険見直しコラム




【「個人年金、今から入るのはソンなの?」
 〜個人年金の上手な入り方〜】



唐突ですが・・・

本日の講義で、
元宮さん(仮名)をご紹介させていただきます。
元宮さんは、入社して若いころに、個人年金保険に加入されました。

元宮さんの個人年金保険についての経験談を、ご本人からお話して
いただきますので、しっかりと聞いてくださいね!

(先に結論を知りたい場合は、文末をお読みください。)

♪・♪・♪・♪

こんにちは。ただいま宮越さんから紹介されました元宮と申します。

本日は、私が加入していた個人年金保険について
お話をさせていただきます。

私は、入社して間もないころ、生命保険の外交員さんから、
生命保険(死亡や医療保障)と個人年金保険をすすめられ加入しました。

当時は、まだ独身で、お給料に少し余裕があって、社会人になったから
保険には入ったほうが良いと思いました。

まず、私がどんな個人年金保険に入っていたのかを少し紹介します。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
加入した年齢   :24歳頃

毎月の保険料   :16,000円(およそ)
保険料の支払期間 :60歳まで

将来の受取る年金額:年間90万円+配当金
年金の受取期間  :60歳から70歳までの10年間の確定

よって・・・
保険料の合計   :690万円
将来の年金受取総額:900万円+配当金
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


やがて結婚し、子供が生まれ、年々何かと支出がおおくなり、
貯金に回せるお金が少なくなってきました。

そんななか、長年の夢であった住宅を購入することになったとき、
どうしても頭金が足らないことになりました。

そこで・・・

保険の外交員さんに保険の見直しを相談して、
加入していた生命保険を見直し、個人年金保険解約し、
この解約返戻金を住宅の頭金に回すことにしました。

おかげで、銀行からの融資をうけられ、住宅を購入することができました。 

この個人年金保険解約した結果、

今まで払った保険料にくらべて戻ってくるお金は約15万円ほど
元本割れしました。頭金の足りないお金は、親から借りるという手も
あったのですが・・何とか自分達で!という思いから判断しました。

確かに「もったいないことをした。」と思いますが、あのときは、
どうしても頭金として必要だったので仕方がありませんでした。

しかし、
15万円の元本割れの代わりに
念願の場所にマイホームを持つことができ、
今では、新しいダイニングで、家族4人食卓をかこみ、
庭では子供と愛犬とで遊ぶなど、幸せな毎日を過ごしています。


♪・♪・♪・♪


はい。元宮さん、
貴重な経験談をお話いただきありがとうございました。

この、お話を聞かれた皆さまは、
どんなご感想を持ちましたでしょうか?

どなたかの意見を聞きたいと思います。

それでは〜・・・、木村さん! どんな感想をもちましたか?

木村さん】
 「今、損をして将来に向けて得をする。という考え方で良いと思います。
  具体的には、今、15万円の損を覚悟して、将来の家族の思い出を
  作れるマイホームを手に入れる。ということですよね・・・・。」


なるほど、たしかにそうですね。
木村さん、ご意見ありがとうございます。
他にどなたか意見はありませんか〜?

【飯山さん】
 「確かに今は、幸せを手に入れたからいいと思いますが、
  個人年金保険に加入する前、すこし計画性がなかったのでは?
  と思います・・・。」


なるほど、それもあるでしょうね。ありがとうございます。

ここで、そもそも個人年金保険
どんな仕組みになっているのかを検証したいと思います。

本宮さんと同じ年齢の【Aさん】が、現在販売されている
個人年金保険に入った場合、保険料がいくらで、
解約した時期によって、いくらお金が戻ってくるのか見てみましょう。


〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

●【Aさん】が現在販売中の個人年金に加入した場合。

加入した年齢   :24歳

毎月の保険料   :18,000円  ←(本宮さんより、2,000円アップ)
保険料の支払期間 :60歳まで

将来の受取る年金額:年間90万円+配当金
年金の受取期間  :60歳から70歳までの10年間の確定

よって・・・
保険料の合計   :777万円  ←(元宮さんより、87万円ダウン)
将来の年金受取総額:900万円+配当金


【15年後に解約した場合/39歳時】
保険料の合計:333万円 → 戻ってくるお金:311万円 →返戻率は93%


【20年後に解約した場合/44歳時】
保険料の合計:444万円 → 戻ってくるお金:432万円 →返戻率は97%


【25年後に解約した場合/49歳時】
保険料の合計:555万円 → 戻ってくるお金:561万円 →返戻率は101%


【36年後に解約した場合/60歳時】
保険料の合計:777万円 → 戻ってくるお金:850万円 →返戻率は109%

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


以上のように、
現在の個人年金保険は、
長く支払いつづけないと元本割れしてしまいます。

個人年金保険は、途中で解約せず、
10年間の年金を最後まで受取ってはじめて、
金融商品としてのパフォーマンスが生きてきます。



そして、皆さんは、
個人年金保険料控除(コジンネンキン・ホケンリョウコウジョ)
という言葉を聞いたことがありますか?


少し乱暴に言うと・・・

個人年金保険に払い込む保険料が年間10万円であれば、
所得税では最高で5万円の控除が受けられるので、
所得税と住民税の負担が軽減される税法上の特典のこと。
です。


もっと、乱暴に言うと・・・

例えば年収が500万円のサラリーマンであれば、年末調整で
1万円が戻ってくる場合もあります。

年間10万円支払っている人であれば、保険料の実質負担は
9万円になります。

詳しく知りたい方は、下記を確認ください。

=============================
次のすべての条件を満たし、
「個人年金保険料税制適格特約」を付けた契約について適用されます。

・年金受取人が契約者またはその配偶者のいずれかであること。
・年金受取人は被保険者と同一人であること。
・保険料払込期間が10年以上であること(一時払は対象外)。
・年金の種類が確定年金有期年金の場合、年金受取開始が60歳以降で、
 かつ年金受取期間が10年以上であること。
=============================

(注:この制度は、平成24年以降に変更予定があります)


ここで、【Aさん】が500万円の年収の場合で、個人年金保険料控除を
適用した実際の返戻率を見てみましょう。


〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

●【Aさん】

下記の(  )内が個人年金保険料控除の適用を加味した場合を記載。
(  )内を注目してください。


【15年後に解約した場合/39歳時】
保険料の合計:333万円 → 戻ってくるお金:311万円 →返戻率は93%
      (318万円)           (実質の返戻率は97%)

【20年後に解約した場合/44歳時】
保険料の合計:444万円 → 戻ってくるお金:432万円 →返戻率は97%
      (424万円)           (実質の返戻率は101%)

【25年後に解約した場合/49歳時】
保険料の合計:555万円 → 戻ってくるお金:561万円 →返戻率は101%
      (530万円)           (実質の返戻率は105%)

【36年後に解約した場合/60歳時】
保険料の合計:777万円 → 戻ってくるお金:850万円 →返戻率は109%
      (741万円)           (実質の返戻率は114%)

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



さて、どんな感想をお持ちになりましたか?


個人年金保険料控除の適用により、
保険料が年末調整で払い戻されることで、実質負担が軽減されます。
よって、個人年金保険のパフォーマンスがあがることになるのです。

もし、年間の保険料が10万円を超えている場合には、
超えた保険料分については、適用されません。

例:
年間保険料が15万円の場合、15万−10万=5万円部分については適用なし。



【 質 問 】

 
個人年金保険に加入するときのポイントは何でしょうか?


はい。
老後のセイカツ費にひつようなお金の準備方法は、
いろいろな箱(ハコ)を使って準備する方法があります。

 

例えば・・・・
 
 ・公的年金のハコ
 ・普通預金、定期預金のハコ
 ・個人年金保険のハコ
 ・401Kのハコ
 ・変額個人年金保険のハコ
 ・投資信託(その他金融商品)のハコ   などなど・・・。

このように、個人年金保険は、
老後のセイカツ費をたくわえる1つのハコでしかありません。

昔の個人年金保険から比べれば、
現在の個人年金保険の利回りは低いです。

よって、老後セイカツ費を準備するためのハコを、
全て個人年金保険で用意しようと思わないほうが良いと思います。

ハコを分散する考えに共感できる人は、
個人年金保険料控除の枠を活用する程度(年間保険料10万円前後)で、
保険料を負担なく支払うこと
が、ポイントではないでしょうか。

もし、投資リスクのある商品には抵抗感がある人は、
個人年金保険のハコに頼る割合を大きくしてもよいでしょう。

また、人生には下記のようなハードルがあり、
飛び越えるにはお金がかかります。

そして、人によって、前後しますが、
飛び越えるハードルには順番があります。


例えば・・・・

結婚 → 子供誕生 → 住宅の頭金 → 住宅ローンと教育費負担で
支出増 → 子供独立 → 退職 → 老後の生活スタート。など・・・

今回の元宮さんのケースで考えると、住宅の頭金を貯めるまえに、
老後セイカツ費の準備をしてしまったのでしょうね。

飛び越えるハードルの順番を確認して、
個人年金保険に加入することが重要です。場合によっては、
子供の教育費の負担が少なくなってから、準備しても良いでしょう。

また、若いうちから加入するのであれば、支払う保険料に負担がない
程度で加入することが重要です。


●○● 結 論 (忙しい方は、ここだけ読めばOK!)

 1.個人年金保険で、老後セイカツ費の全てを準備しようと思わないこと。
  (老後セイカツ費を準備する一つの手段でしかないこと。)

 2.保険料を年間10万円前後に抑えること。

 3.加入するタイミングを見極めること。

 

 そして、忘れないで下さい!

 
個人年金保険は、加入したら長い期間支払いつづけなければ、
 元本割れすることがある
ことを。



―――さて、次のコラムでは、知らないで保険料を損している人が多い
    「必要な保障額は、減っていく!?」 を公開します!



▼住まいと保険と資産管理・東京本社の様子
 
→FPの事務所風景はこちらから

▼現在、保険の見直しを検討されている方へ


  1.毎月の保険料がトータルで3万円以上(20代は2万円以上)と負担感がある方
  2.過去に勧められるがままに加入した保険を一度も見直していない方
  3.不測の事態が起きても困らないプランを専門家と一緒に作りたい方

  
3つのいずれかに当てはまる方は ⇒
保険見直し相談 
(←まずは初回相談の利用からおすすめします)


生命保険見直し相談はこちら

東京本社・大阪・名古屋・静岡など、青森から福岡まで全国25支部にて3つの領域に強いFPの相談が受けられます。専門のファイナンシャルプランナーによる個別のサポートを受けながら、適切な「保険見直し」を行いたい方は、初回相談(60分2,100円)から気軽に利用ください。お問い合わせ・ご予約は、0120-374-849(平日10:00〜20:00)までどうぞ ⇒保険見直し相談

監修責任者 宮越 肇

宮越肇が動画で解説 『ファイナンシャルプランナーに保険見直し相談をしたい方へ』(4分05秒)

  運営会社情報

◇39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン
◆人気の『女性のためのミニセミナー』受講受付中




■生命保険見直しコラム

保険証券分析で注目する2つのポイント

子供が生まれると、もれなくついてくる保険

自営業者とサラリーマンの深いミゾ

実は2種類ある学資保険

あなたの入院日額はいくら必要?

「お小遣いがもらえる保険」のナゾ

変額保険「終身型」って怖い!?

終身保険1000万円は必要か?

パパが残してくれた4000万円のてん末 

「個人年金、今から入るのはソンなの?」

「必要な保障額は、減っていく!?」

医療保険の落とし穴

安全な保険会社のみわけ方

保険証券分析で見るべきもう一つのポイント

  公的遺族年金、まだまだ遠い男女平等への道

あなたも入っている?!最強の医療保険

  「短期払い」と「終身払い」どっちがお得?

仏壇から出てきた30万円の保険証券

自分で保険を見直そう! の ウソ・ホント?!

この半年間で変わった??“保険見直し方法”とFPのスキル


気持ちが“ガックシ”落ち込む“学資”保険(笑)







Copyright(c),はじめての保険見直し & 住まいと保険と資産管理 All Rights Reserved.
Powered by HIA