はじめての保険見直し
生命保険見直し3つのポイント 生命保険見直し4つの方法 生命保険見直し5つのステップ 生命保険見直し6つの判断基準 生命保険見直しメールセミナー 生命保険見直し用語集 無料ダウンロード
生命保険の見直し > 保険見直しコラム



【必要な保障額は、減っていく!?
 〜月刊誌“マネープラス12月号”と連動型の講義??〜】



今回の講義は・・・
先日販売された月刊誌 ≪マネープラス12月号の90ページ≫ 
と連動する少し変わった講義を行ないたいと思います。

では、皆さんに質問します!

例えば、あるサラリーマンのご主人さまは
妻と子供2人を持つ一般的な4人家族でした。
このご主人さまに必要な保障額が4500万円だったとしましょう。

今後、ご主人さまは平穏無事に
歳を重ねていくと、この4500万円の保障額は・・・・

・増えていくと思いますか?
・そのまま、一生涯変わらないと思いますか?
・減っていくと思いますか?

それでは、新島さん答えてみてください。 (^^)/


新島さん:「え〜ッと、減っていくと思います。」


ピンポ〜ン! 正解で〜す。新島さんありがとうございます。m(__)m
そうなんです。実は、減っていくのです。
多くの方は、必要保障額は年齢を重なるごとに減っていくのです。

しかし・・・
加入してから、しばらくの間は(例えば10年間など)3000万円の
まま続き、その後減っていくなど、人それぞれ減り方は異なります。

これを理解するためには、必要保障額の計算を知る必要があります。


では、ここで皆さんに“日向さん”をご紹介したいと思います。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

日向 幸太郎さん(夫): 35歳 会社員 年収500万円
   佐知子さん(妻): 31歳 専業主婦
   健太郎くん(子): 3歳 
   涼香ちゃん(子): 1歳 

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


日向さんは、保険見直しを行なったところ、夫の幸太郎さんには
生命保険で用意するべき必要保障額は、およそ4500万円になりました。

ここで、もう一度、必要保障額の計算方法を確認しましょう!
下記のような引き算で計算します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
必 要
保障額 =【遺族に必要なお金の合計】−【準備されているお金の合計】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   ↓
            
  夫の幸太郎さんの場合

   ↓
    
     約4500万円 = 1億4410万円 − 9961万円


日向さんは、下記の(1)から(16)までの項目を順番に計算したのです。
------------------------------------------------------------------- 
【遺族に必要なお金】の主な項目

(1)末子が独立するまでの妻と子の生活費   →  3780万円
(2)末子が独立した後の妻の生活費      →  4080万円
(3)教育費                 →  2500万円
(4)住宅関係費(修繕費、固定資産税など)  →  2000万円
(5)耐久財(車、家電、家具など)      →  650万円
(6)子供の結婚(住宅)援助資金       →  300万円
(7)死亡整理資金              →  300万円
(8)旅行、趣味、その他           →  800万円
________________________________
       遺族に必要なお金の合計     → 1億4410万円


【準備されているお金】の主な項目
(9)イゾク厚生年金             →  2640万円
(10)中高齢カフ加算             →  1003万円
(11)イゾク基礎年金             →  2079万円
(12)妻自身の年金              →  1659万円
(13)死亡退職金               →  400万円
(14)貯蓄(現時点)             →  500万円
(15)妻の労働収入              →  1680万円
(16)その他資産(不動産収入など)      →   無
________________________________
      準備されているお金の合計     →  9961万円

-------------------------------------------------------------------



以上の計算を行なった結果から・・・
夫の幸太郎さんにとって必要な保障額は“約4500万円”になったのです。
この4500万円は【 現 時 点 】で、日向さんに必要な保障額になります。
今後、夫の幸太郎さんは歳を重ねるごとに、必要保障額は減っていくのです。


その理由は、次を見ていただければ一目瞭然です。


日向さんの【遺族に必要なお金】の項目のうち(1)(2)について
抜粋してみましょう。
-------------------------------------------------------------------
         
         〜(1)と(2)の計算方法 〜

(1)末子が独立するまでの妻と子の生活費  
  「遺族に必           
   要な毎月 ×12ヶ月×(末子が独立する年齢−末子の現在の年齢)
   の生活費」           
   
(2)末子が独立した後の妻の生活費   
  「妻1人の           
   毎月の ×12ヶ月×(妻が生きる年齢−末子が独立時の妻の年齢)
   生活費」           

-------------------------------------------------------------------


よって・・・
【 現時点の35歳 】で、夫の幸太郎さんが死亡した場合。
 
 (1)15万円 × 12ヶ月 ×(22歳−1歳)= 3780万円
 (2)10万円 × 12ヶ月 ×(86歳−52歳)= 4080万円
                ↑
          妻は平均寿命まで生きると仮定

 ≪ 合計(1)+(2)= 7860万円 ← ここに注目!≫  


もし・・・
【 10年後の45歳 】で、夫の幸太郎さんが死亡した場合。

 (1)15万円 × 12ヶ月 ×(22歳−11歳)= 1980万円
 (2)10万円 × 12ヶ月 ×(86歳−52歳)= 4080万円
              
 ≪ 合計(1)+(2)= 6060万円 ← ここに注目!≫ 


もし・・・
【 25年後の60歳 】で、夫の幸太郎さんが死亡した場合。
 (1)15万円 × 12ヶ月 ×(末子は独立済み)= 0万円
 (2)10万円 × 12ヶ月 ×(86歳−56歳)= 3600万円
              
 ≪ 合計(1)+(2)= 3600万円 ← ここに注目!≫  


以上のように、【遺族に必要なお金】の(1)と(2)は、歳を重ねる
ごとに減っていくのです。これと同じように、他の項目についても歳を
重ねるごとに減っていくのです。

もちろん!
【準備されているお金】についても、歳を重ねるごとに減っていきます。

しかし!
【遺族に必要なお金】の減っていく速度に比べると減り方が緩やかです。
その理由は、(13)の“死亡退職金”と(14)の“貯蓄”については、夫が
働く60歳(定年)までは増えていくことになりますよね。


よって!
【遺族に必要なお金の合計】から【準備されているお金の合計】を引き算
で計算される【必要保障額】は減っていく!! ことになるのです。


受講生の皆さん:
「えッ〜!そんな、保障額が減っていく保険ってあるのですか〜?」



はい。あるんですよ!! その保険は・・・
現在販売中の月刊誌“マネープラス12月号”の【90ページ】をご参照ください。
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
    http://www.sscom.co.jp/m-plus/2004/moneyplus.html


ちなみに・・・
私がその保険について解説させて頂いています! (^^)/


注意:この保険に加入をするときは、ご自身の必要保障額の減り方に
   合わせた保険の形で加入する必要があります。




――次のコラムでは、あなたもホームレスになる可能性がある!?
   医療保険の落とし穴をドッカーンと公開します!



▼住まいと保険と資産管理・東京本社の様子
 
→FPの事務所風景はこちらから


▼現在、保険の見直しを検討されている方へ


  1.毎月の保険料がトータルで3万円以上(20代は2万円以上)と負担感がある方
  2.過去に勧められるがままに加入した保険を一度も見直していない方
  3.不測の事態が起きても困らないプランを専門家と一緒に作りたい方


  
3つのいずれかに当てはまる方は ⇒
保険見直し相談 (←まずは初回相談の利用からおすすめします)


生命保険見直し相談はこちら

東京本社・大阪・名古屋・静岡など、青森から福岡まで全国25支部にて3つの領域に強いFPの相談が受けられます。専門のファイナンシャルプランナーによる個別のサポートを受けながら、適切な「保険見直し」を行いたい方は、初回相談(60分2,100円)から気軽に利用ください。お問い合わせ・ご予約は、0120-374-849(平日10:00〜20:00)までどうぞ ⇒保険見直し相談

監修責任者 宮越 肇

宮越肇が動画で解説 『ファイナンシャルプランナーに保険見直し相談をしたい方へ』(4分05秒)

  運営会社情報


保険見直し体験談
生命保険見直しBlog


◇39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン
◆人気の『女性のためのミニセミナー』受講受付中




■生命保険見直しコラム

保険証券分析で注目する2つのポイント

子供が生まれると、もれなくついてくる保険

自営業者とサラリーマンの深いミゾ

実は2種類ある学資保険

あなたの入院日額はいくら必要?

「お小遣いがもらえる保険」のナゾ

変額保険「終身型」って怖い!?

終身保険1000万円は必要か?

パパが残してくれた4000万円のてん末 

「個人年金、今から入るのはソンなの?」

「必要な保障額は、減っていく!?」

医療保険の落とし穴

安全な保険会社のみわけ方

保険証券分析で見るべきもう一つのポイント

  公的遺族年金、まだまだ遠い男女平等への道

あなたも入っている?!最強の医療保険

  「短期払い」と「終身払い」どっちがお得?

仏壇から出てきた30万円の保険証券

自分で保険を見直そう! の ウソ・ホント?!

この半年間で変わった??“保険見直し方法”とFPのスキル


気持ちが“ガックシ”落ち込む“学資”保険(笑)






Copyright(c),はじめての保険見直し & 住まいと保険と資産管理 All Rights Reserved.
Powered by HIA