はじめての保険見直し
生命保険見直し3つのポイント 生命保険見直し4つの方法 生命保険見直し5つのステップ 生命保険見直し6つの判断基準 生命保険見直しメールセミナー 生命保険見直し用語集 無料ダウンロード
生命保険の見直し > 保険見直しコラム



【変額保険「終身型」って怖い!? 〜どっちの保険ショウ?〜】


その1 〜それはいっぱいの愛だった〜



 ・・・知り合いから、こんな話を聞いて感動したことがあります。


あるところに、都会暮らしの幸せな家族がいました。

その家族は、お父さん、お母さん、子1人で、
ごく普通の3人家族でした。 このお父さんの実家は
遠い田舎で、おばあちゃんが1人で暮らしていたそうです。

おばあちゃんが65歳の頃、
おじいちゃんが先に亡くなってしまいました。

そのとき、お父さんはおばあちゃんに
都会で一緒に暮らそうと提案したのですが、
おばあちゃんは田舎でノンビリ暮らしたいという理由で断ったそうです。

この家族が、帰省するのは、
1年のうちの夏休みのときしかありませんでした。

このおばあちゃんが、まだ65歳〜70歳前半の頃、
いつもの夏休みで帰省していたとき、お孫さんに
言っていた口癖がありました。

 
「私に万が一のことがあった場合、
  仏壇を開けてもらえれば大丈夫だからね。」


っと、満面の笑みで孫に語っていたそうです。

当時まだ幼かった孫は、当然
何のことか解らないままにいました。


そして月日は流れ、おばあちゃんは
91歳で安らかに亡くなりました。


そのとき、孫は31歳で、
立派に家族を持つまでに成長していました。

おばあちゃんの棺おけを囲むように親族が集まる中、
孫は仏さまになったおばあちゃんの写真を見て、頭の中で、
おばあちゃんとの楽しい思い出を浮かべていました。

すると、フッ! と、おばあちゃんの
あの口癖が脳裏に浮かび上がってきました。


    「何かあったら、ブ・ツ・ダ・ン・・・??」


孫は、集まる親族の間をゆっくりとかき分け、
仏壇の前まできました。

そして、仏壇の引き出しを上から順番に開けていくと、
3番目の引き出しにとっても色あせた一枚の紙が出てきました。

なんだろう? と思い、ゆっくりとその紙を開けて見ると・・・・・


なんと! 40数年前に加入している保険証券でした。


そこには、
保険金額30万円と書かれていました。

おばあちゃんが言っていた口癖は、
この保険証券30万円のことだったのです。

そして、孫は、

 「きっと、あのときおばあちゃんは、
  自分が亡くなったとき、この保険で死後に必要な
  さまざまなお金として使うことができるから大丈夫だ!
  と言っていたのだろう。」

と思い、やさしいおばあちゃんの満面の笑みを
思い出し泣きました。(完)


♪♪♪・・・


はいッ! このお話は、これでおしまいです。

少し悲しいですが、おばあちゃんからの愛を
いっぱい感じとれるお話でした。

  「でも、30万円は少ないと思う。
     なぜ、この金額で大丈夫だと言ったのだろう?」

って思われた方いますよね。

平成11年の日本消費者協会調べでは、
下記の葬儀費用の全国平均は合計で228.7万円
というデータがあります。

 ・葬儀一式費用<葬儀運営に関わる>  130.9万円
 ・寺院への費用<お布施など>     49.8万円
 ・飲食接待費用<料飲・返礼品など>  45.4万円


このデータを見ても、死亡後の整理資金として
30万円というのは、圧倒的に少ないですよね。

おばあちゃんがこの保険に加入した40年以上前の葬儀費用は、
いくら必要な時代だったのでしょうか?

40年以上前の葬儀費用の全国平均データは
見つけることはできませんでしたが、当時のほうが、
現在より葬儀費用は少ない金額で済んでいたはずです。

例えば、1965年に
ハガキ1枚の価格は5円でしたが、
現在はちょうど10倍の50円になっています。


このように物価の上昇により、
当時5円で買えたものが現在では買えない
ということが起こっているわけです。



きっと、おばあちゃんが加入した時代は、
30万円もあれば死後の整理資金には充分に足りる
金額だったのでしょう。

おばあちゃんは、終身保険という保険に加入していました。

終身保険は一生涯の死亡保障を約束した保険ですので、
加入してから実際に支払われるまで、数十年という
とても長い年月が経過することになります。


例えば、30歳の男性が終身保険に加入した場合、
平均の余命は約49年間あります。

この男性は、死後の整理資金として300万円の終身保険
加入したとしても、
半世紀近くの間の物価上昇によっては、
足りないことになってしまう可能性があるのです。



じつは、この終身保険にも、
さまざまな終身保険があります。


今回の終身保険は、【定額】の終身保険といいます。

定額の終身保険は、加入したときの保険金額が
定額で変わらない保険です。

これに対し、【変額】の終身保険というものがあります。

変額の終身保険は、
保険金額が変わっていくことがあります。


 「えッ? 保障額が変わるってどういうこと?
  ちょっと不安だなァ〜!」



まぁ、落ち着いて。カンタンに説明します。

もし、おばあちゃんが変額の終身保険に加入して
いたとすると、もらえる保険金は30万円ではなく、
300万円だったかもしれないのです。



なぜ?


それは、次の 【変額保険って怖い!?】というお話で
明らかにいたしましょう!





その2 〜変額保険って怖い!?〜

結論から言いましょう。

Q:変額保険「終身型」ってコワイの?
A:保険(死亡保障)として使う分には怖くないです。


変額保険「終身型」は、
死亡保障が一生涯続く終身保険です。

よって、この保険のことを、
【変額】の終身保険と呼ぶ人もいます。

この講義でも、以後の説明をしやすくするために
【変額】の終身保険と呼ぶことにします。


【変額】の終身保険は、
死亡保険金額が変動するという特徴があります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●受講生(田中さん)が手を上げて質問!

 「変動するってことは、保障が上がったり下がったりするんですか?
  上がるのはいいけど、下がるのは嫌だなァ〜!
  やっぱり怖い気がします」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



そうなんです。

死亡した場合に支払われる保険金額が
上がったり、下がったりするのです。

でも、ご安心ください。 ☆(^_^)☆
契約したときの保険金額より下がることはありません。

例えば、死亡した場合に300万円が支払われる
【変額】の終身保険に加入した場合、死亡保障が
この300万円より下がることはないのです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●受講生(木村さん)が手を上げて質問!

 「へー、でもなんで死亡保障が上がったり、
 下がったりするのですか?」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



これは、保険会社に支払う保険料の一部が、
主に株や債券などに投資されて、その運用実績に応じて
保険金額(死んだら出るお金)や解約返戻金(解約したらもらえるお金)
が増えたり減ったりする仕組みになっているからです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●受講生(佐藤さん)が手を上げて質問!

 「えッ!!解約返戻金も上がったり、
  下がったりするんですか?」

 「上がるのはいいけど、下がるのは嫌だな!
  最低保証はありますか?」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



解約返戻金も上がったり、下がったりします。
この解約返戻金には、最低保証はありません。

でもご安心ください。 ☆(^_^)☆ 

将来、解約をして生きている間にお金を使いたい人は、
最初からこの保険に加入しなければいいのです。

生きている間にお金を使いたい(お金を貯めたい)ということが
主な目的であれば、万一の場合の保障がついていない
他の金融商品の方が効率的です。

♪ ♪ ♪ ♪

ここで、みなさんに【どっちの料理ショウ】ならぬ
【どっちの保険ショウ】を体験していただきたいと思います。(^^)


あなたに保険の営業マン(レディー)が、次の2つの保険を提案しました。


●【変額】の終身保険

●【定額】の終身保険


ある一定の同じ時期における、
30歳の女性が【変額】の終身保険と【定額】の終身保険
加入した場合の下記データを参考にして、考えてみてください。

(時間のない方は “ここに注目!” と “ポイント”だけをご覧下さい)


==============================

●【変額】の終身保険 300万円 に加入した場合。

保険料払込期間:60歳
毎月の保険料:2,796円
払込保険料累計:
1,006,560円      ←ここに注目!

【運用実績が0%の場合】
・80歳時に死亡した場合の保険金
300万円 ←最低保障
・80歳時に解約した場合の返戻金:  2万円

【運用実績が4.5%の場合】
・80歳時に死亡した場合の保険金
300万円 ←最低保障
・80歳時に解約した場合の返戻金:213万円

【運用実績が5%の場合】
・80歳時に死亡した場合の保険金
358万円 ←ここに注目!
・80歳時に解約した場合の返戻金:247万円

【ポイント】
運用実績が4.5%を上回ると
死亡最低保障額の300万円が増えます。
(注:この例は仮定です。実際の予定利率は商品により異なります。)

==============================

●【定額】の終身保険 300万円 に加入した場合。(無配当)

保険料払込期間:60歳
毎月の保険料:5,733円
払込保険料累計:
2,063,880円      ←ここに注目! 

・80歳時に死亡した場合の保険金
300万円 ←ここに注目!  
・80歳時に解約した場合の返戻金:259万円

【ポイント】
保障額300万円は変わることはありません。
そして、解約返戻金も契約時から約束されており、
その額が途中で変わることはありません。

==============================


いかがですか?

上記をご覧になって、
保険料の違いに驚かれた方がいるのではないでしょうか!!

【変額】の終身保険は、【定額】の終身保険
“半分以下の”保険料になっています。



さて、中間ジャッジの時間が来ました。 もう決まりましたか〜? 


 【変額】の終身保険かッ? それとも 【定額】の終身保険かッ?  


      あなたの入りたい保険は 〜〜〜〜 ドッチ!!! 


決められない人は、次を参考に自分が「どんな人」か確認ください。


・一生涯の保障を割安に確保したい人。

・加入目的が死亡保障ということが明確であるので、
 まず解約はないという人。

・投資について勉強したい人。また、投資に抵抗感がない人。

・将来のインフレに対応することは重要だと思う人。


↑↑↑
上記に当てはまる人は、【変額】の終身保険が向いているでしょう。   



・将来、解約をすることがあるかもしれない。
 そのときのため、解約返戻金が増減しないものが良いと思う人。

・投資という言葉に強い抵抗感を感じてしまう人。

・将来のインフレは考える必要はないと思う人。


↑↑↑
上記に当てはまる人は、【定額】の終身保険が向いているでしょう。   



最終ジャッジの時間が来ました。


【変額】の終身保険か? それとも 【定額】の終身保険か?  


さァ〜あなたの入りたい保険は・・・「ドっちッ!」





――次のコラムでは、保険のプロの間でも議論が分かれて異論・反論が続出する
   テーマ「終身保険1000万円は必要か?」を取り上げてお送りします!





▼住まいと保険と資産管理・東京本社の様子
 →FPの事務所風景はこちらから

▼現在、保険の見直しを検討されている方へ


  1.毎月の保険料がトータルで3万円以上(20代は2万円以上)と負担感がある方
  2.過去に勧められるがままに加入した保険を一度も見直していない方
  3.不測の事態が起きても困らないプランを専門家と一緒に作りたい方


  
3つのいずれかに当てはまる方は ⇒
保険見直し相談 (←まずは初回相談の利用からおすすめします)


生命保険の見直し相談はこちら

東京本社・大阪・名古屋・静岡など、青森から福岡まで全国25支部にて3つの領域に強いFPの相談が受けられます。専門のファイナンシャルプランナーによる個別のサポートを受けながら、適切な「保険見直し」を行いたい方は、初回相談(60分2,100円)から気軽に利用ください。お問い合わせ・ご予約は、0120-374-849(平日10:00〜20:00)までどうぞ ⇒保険見直し相談

監修責任者 宮越 肇

宮越肇が動画で解説 『ファイナンシャルプランナーに保険見直し相談をしたい方へ』(4分05秒)

  運営会社情報


保険見直し体験談
生命保険見直しBlog


◇39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン
◆人気の『女性のためのミニセミナー』受講受付中




■生命保険見直しコラム

保険証券分析で注目する2つのポイント

子供が生まれると、もれなくついてくる保険

自営業者とサラリーマンの深いミゾ

実は2種類ある学資保険

あなたの入院日額はいくら必要?

「お小遣いがもらえる保険」のナゾ

変額保険「終身型」って怖い!?

終身保険1000万円は必要か?

パパが残してくれた4000万円のてん末 

「個人年金、今から入るのはソンなの?」

「必要な保障額は、減っていく!?」

医療保険の落とし穴

安全な保険会社のみわけ方

保険証券分析で見るべきもう一つのポイント

公的遺族年金、まだまだ遠い男女平等への道

あなたも入っている?!最強の医療保険

「短期払い」と「終身払い」どっちがお得?

仏壇から出てきた30万円の保険証券

自分で保険を見直そう! の ウソ・ホント?!

この半年間で変わった??“保険見直し方法”とFPのスキル


気持ちが“ガックシ”落ち込む“学資”保険(笑)







Copyright(c),はじめての保険見直し & 住まいと保険と資産管理 All Rights Reserved.
Powered by HIA