はじめての保険見直し
生命保険見直し3つのポイント 生命保険見直し4つの方法 生命保険見直し5つのステップ 生命保険見直し6つの判断基準 生命保険見直しメールセミナー 生命保険見直し用語集 無料ダウンロード
生命保険の見直し > 保険見直しコラム




【実は2種類ある学資保険

今回は、最近私が対応させて頂いた(仮名:雄一さん)の加入
していた学資保険(一般的なケース)について、お話します。



  ▲○ 
 
□▽ ■     「元本割れ」の学資保険!?


子供が生まれた当時、雄一さんは31歳で、0歳の子供に、
将来の教育費を確保するために学資保険に加入しました。

下記に、この保険から受取るお祝金を記載します。

・4歳(幼稚園)になったときに10万円
・6歳(小学校)になったときに20万円
・12歳(中学校)になったときに30万円
・15歳(高校)になったときに40万円
・18歳になったときに、満期金100万円

よって、
総額200万円を受取ることになりますよね。

これに対して、毎月支払う保険料は11,200円になっていました。
よって、支払う保険料の合計は.…

11,200円×12ヶ月×18年=
2,419,200円  になりますよね。


えっ、約241万円を支払って、
200万円の受取!?




♪♪♪・・・

実は、学資保険には、下記ように2種類あります。

(1)保障型
(2)貯蓄型


この学資保険は2種類とも、ベースは「積立て貯蓄」になります。


(1)の保障型には.…
「積立て貯蓄」+「保険料払込免除や、育英年金、各種死亡・医療保障」

(2)の貯蓄型には.…
「積立て貯蓄」+「保険料払込免除」


保険料払込免除」が付いていると、
契約者(例:お父さん)が死亡した場合に、
以後の保険料が免除になります。

「育英年金」が付いていると、
契約者(例:お父さん)が死亡した場合に、
保険金が年金形式で支払われます。



(1)と(2)の保険料を比較すると.… 
 
当然ですが、  (1)>(2)  になります。


♪♪♪・・・


ここで、最初に紹介した雄一さんの学資保険に、お話を戻すと、
実は、雄一さんの学資保険は(1)の保障型のタイプで、
下記の保障が付いているものだったのです。

【病気・ケガについて】

・子供がケガや病気で入院すると、一日につき5,000円

・入院後に通院すると、一日につき3,000円


【育英年金について】

・子供が12歳未満のとき、契約者(お父さん)が死亡すると
 子供が18歳になるまで毎年40万円

・子供が12歳以上、15歳未満のとき、契約者(お父さん)が
 死亡すると、子供が18歳になるまで毎年60万円

・子供が15歳以上、18歳未満のとき、契約者(お父さん)が
 死亡すると、子供が18歳になるまで毎年80万円


(1)の保障型の学資保険の場合、「積立て貯蓄」以外に、
上記のような保障を確保するためにどうしても保険料
が割高にな
ってしまうケースがあるのです。



  ▲○ 
 
□▽ ■    あなたの家庭ではどちらの学資保険を選ぶ?


では、ウチの場合はどっちを選ぶべき?

A. はい! それは、
他に加入している死亡保険の状況によります。
 ご主人さまが万一の場合、現在加入している死亡保険で教育費が、

 大幅に不足する場合は→→→→ (1)の保障型

 だいたい足りる場合は→→→→ (2)の貯蓄型+子供の保障は各種共済で!


しかし!!

(2)の貯蓄型の学資保険の場合でも、
利回りは1%にも満たない商品が多いです。

教育費は、過去の上昇率を見ても非常に高いのです。
参考までに、国立大学の授業料が、昭和55年から平成7年までの
15年間で約2.5倍、私立大学の場合でも同2倍程度になっています。

これは、それぞれ年6.2%と4.9%で毎年値上がりしたことを示しています。
教育費の上昇率は、消費者物価上昇率の2倍程度であった…
ということがいえます。

(2)の貯蓄型の学資保険でも、
利回りが1%にも満たない商品では、
15年〜20年間の教育費の上昇率に勝てない可能性があるのです。

よって、将来の教育費を学資保険だけで
全部を準備しようとすることには疑問を感じます。



  ▲○ 
 
□▽ ■   学資保険は、教育資金を準備する方法の1つに過ぎない


結論!!

「これから20年間の教育費や生活費などが、どれだけかかるのか?」

に対して… 

「今後の収入が毎年どれくらい見込めるのか?」

を表にすることからはじめ、
将来的に教育費の負担で家計が赤字になり
そうな年を把握して、対策を立てる
ことが必要だと思います。

学資保険は、その対策の1つにしか過ぎないのです。



――次のコラムでは、「1日1万円?」のナゾに迫る
   あなたの入院日額はいくら必要?をお送りします!




▼住まいと保険と資産管理・東京本社の様子
 →FPの事務所風景はこちらから

▼現在、保険の見直しを検討されている方へ


  1.毎月の保険料トータルで3万円以上(20代は2万円以上)と負担感がある方
  2.過去に勧められるがままに加入した保険を一度も見直していない方
  3.不測の事態が起きても困らないプランを専門家と一緒に作りたい方


  
3つのいずれかに当てはまる方は ⇒
保険見直し相談 (←まずは初回相談の利用からおすすめします)

生命保険見直し相談はこちら

東京本社・大阪・名古屋・静岡など、青森から福岡まで全国25支部にて3つの領域に強いFPの相談が受けられます。専門のファイナンシャルプランナーによる個別のサポートを受けながら、適切な「保険見直し」を行いたい方は、初回相談(60分2,100円)から気軽に利用ください。お問い合わせ・ご予約は、0120-374-849(平日10:00〜20:00)までどうぞ ⇒保険見直し相談

監修責任者 宮越 肇

宮越肇が動画で解説 『ファイナンシャルプランナーに保険見直し相談をしたい方へ』(4分05秒)

  運営会社情報

◇39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン
◆人気の『女性のためのミニセミナー』受講受付中




■生命保険見直しコラム

保険証券分析で注目する2つのポイント

子供が生まれると、もれなくついてくる保険

自営業者とサラリーマンの深いミゾ

実は2種類ある学資保険

あなたの入院日額はいくら必要?

「お小遣いがもらえる保険」のナゾ

変額保険「終身型」って怖い!?

終身保険1000万円は必要か?

パパが残してくれた4000万円のてん末 

「個人年金、今から入るのはソンなの?」

「必要な保障額は、減っていく!?」

医療保険の落とし穴

安全な保険会社のみわけ方

保険証券分析で見るべきもう一つのポイント

  公的遺族年金、まだまだ遠い男女平等への道

あなたも入っている?!最強の医療保険

  「短期払い」と「終身払い」どっちがお得?

仏壇から出てきた30万円の保険証券

自分で保険を見直そう! の ウソ・ホント?!

この半年間で変わった??“保険見直し方法”とFPのスキル


気持ちが“ガックシ”落ち込む“学資”保険(笑)







Copyright(c),はじめての保険見直し & 住まいと保険と資産管理 All Rights Reserved.
Powered by HIA