はじめての保険見直し
生命保険見直し3つのポイント 生命保険見直し4つの方法 生命保険見直し5つのステップ 生命保険見直し6つの判断基準 生命保険見直しメールセミナー 生命保険見直し用語集 無料ダウンロード
生命保険の見直し > 保険見直しコラム





【この半年間で変わった??“保険見直し方法”とFPのスキル】

う〜ん・・・。

この半年間で変わったことか〜?
自分で“ワンポイントアドバイス”のタイトルを考えたものの、
何を書こうか悩みますが・・・・ (-_-;;;


そうだッ!
変額終身保険の予定利率が引き下げられたことでしょうか。


このことにより、“現在支払っている保険料を下げる”という
プランニングには少なからず影響はありました。


そこで、まずは、変額終身保険の復習をしましょう!

下記は、“ワンポイントアドバイス”のバックナンバー
から抜粋しています。

〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜 

Q:変額保険「終身型」ってコワイの?
A:保険(死亡保障)として使う分には怖くないです。



変額保険「終身型」は、死亡保障が一生涯続く終身保険です。
よって、この保険のことを、【変額】の終身保険と呼ぶ人もいます。
この講義でも、以後の説明をしやすくするために【変額】の終身保険
呼ぶことにします。


【変額】の終身保険は、死亡保険金額が変動するという特徴があります。


でも、ご安心ください。 ☆(^_^)☆
契約したときの保険金額より下がることはありません。

例えば、死亡した場合に300万円が支払われる【変額】の終身保険
加入した場合、死亡保障がこの300万円より下がることはないのです。

これは、保険会社に支払う保険料の一部が、
主に株や債券などの有価証券に投資されて、
その運用実績に応じて保険金額(死んだら出るお金)や
解約返戻金解約したらもらえるお金)が増えたり減ったり
する仕組みになっているからです。


この解約払戻金には、最低保障はありません。


でもご安心下さい。 ☆(^_^)☆ 
将来、解約をして生きている間にお金を使いたい人は、
最初からこの保険に加入しなければいいのです。

生きている間にお金を使いたい(お金を貯めたい)ということが
主な目的であれば、他の金融商品の方が効率的です。

〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜 



以上、簡単に【変額】の終身保険について復習しました。



〜♪・♪〜♪・♪〜♪・♪〜



さて、次に予定利率について簡単に説明しましょう!

保険会社が保険料を計算するとき、下記の3つの料率をベースにします。
1)予定死亡率  2)予定事業費率  3)予定利率


1)予定死亡率とは・・・・
  人が死亡する確率のこと。
  男女別、年齢別に、生存率、死亡率、平均余命などを
  元にして、性別、年齢別に保険料を計算します。


2)予定事業費率とは・・・・
  保険会社が事業を運営するうえで必要となる費用のこと。
  この費用をあらかじめ予測して、その予測した事業費の割合を
  もとに保険料を計算します。


3)予定利率とは・・・・
  保険会社が資産を運用して得られる収益の予定率。
  株式、債券、不動産などで資産を運用するために、今後の見通しを
  予測して予定利率を決めます。予測される収益の分を割り引いて
  保険料を計算します。


よって、予定利率が高くなればなるほど保険料は安くなり、
予定利率が低くなればなるほど保険料は高くなっていきます。


半年くらい前までは・・・・
予定利率が「4.5%」の【変額】の終身保険を販売していた保険会社
があり、業界最低水準の保険料だったのですが、販売が中止になりました。


現在は、予定利率が「3.5%」or「3.1%」の【変額】の終身保険
を販売する保険会社が業界最低水準の保険料として、販売しています。


〜♪・♪〜♪・♪〜♪・♪〜



保険見直し相談では、
一生涯の死亡保障をご希望される方が多いです。

自分の葬式代などの死亡後の整理資金まで、遺族に負担させたくない。
というお気持ちがあるからだと思います。


この半年間でも、自分の葬式代などの死亡後の整理資金くらいの
一生涯の死亡保障をご希望される方は多くいました。

よって、【変額】の終身保険をご希望されるお客さまは、
半年前に相談をしたお客さまより、保険料を割安に抑えることが、
少々難しくなってしまったのです。

(それでも、相談者の7割くらいは安くなりますね〜。
 それだけ余分に加入している方が多いということなのでしょうね〜。)



しかしッ!

面白いもので、ほぼ一生涯の死亡保障(例:98歳まで保障)と
言っても過言ではない保険商品で、【変額】の終身保険より
保険料が割安な保険があります。


随時、保険会社から新商品の開発があり、
また、既存の保険商品の販売中止もあります。この繰り返しです。


よって、商品情報にかんしては、一般の消費者にとって、
全てを把握することは大変難しいことと思います。

そのためにも我々FPは、常にアンテナを立て、
商品知識のブラッシュアップに努める必要があります。


これからも、皆さんに有益な情報をお伝えしたいと思います!┌(^。^)┘♪



――次のコラムでは、ダジャレよりも大切な教育資金の話、
   ガックシ落ち込む学資保険をお送りします!




▼住まいと保険と資産管理・東京本社の様子
 →FPの事務所風景はこちらから

▼現在、保険の見直しを検討されている方へ


  1.毎月の保険料トータルで3万円以上(20代は2万円以上)と負担感がある方
  2.過去に勧められるがままに加入した保険を一度も見直していない方
  3.不測の事態が起きても困らないプランを専門家と一緒に作りたい方


  
3つのいずれかに当てはまる方は ⇒
保険見直し相談 (←まずは初回相談の利用からおすすめします)


生命保険見直し相談はこちら

東京本社・大阪・名古屋・静岡など、青森から福岡まで全国25支部にて3つの領域に強いFPの相談が受けられます。専門のファイナンシャルプランナーによる個別のサポートを受けながら、適切な「保険見直し」を行いたい方は、初回相談(60分2,100円)から気軽に利用ください。お問い合わせ・ご予約は、0120-374-849(平日10:00〜20:00)までどうぞ ⇒保険見直し相談

監修責任者 宮越 肇

宮越肇が動画で解説 『ファイナンシャルプランナーに保険見直し相談をしたい方へ』(4分05秒)

  運営会社情報

◇39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン
◆人気の『女性のためのミニセミナー』受講受付中



■生命保険見直しコラム

保険証券分析で注目する2つのポイント

子供が生まれると、もれなくついてくる保険

自営業者とサラリーマンの深いミゾ

実は2種類ある学資保険

あなたの入院日額はいくら必要?

「お小遣いがもらえる保険」のナゾ

変額保険「終身型」って怖い!?

終身保険1000万円は必要か?

パパが残してくれた4000万円のてん末 

「個人年金、今から入るのはソンなの?」

「必要な保障額は、減っていく!?」

医療保険の落とし穴

安全な保険会社のみわけ方

保険証券分析で見るべきもう一つのポイント

  公的遺族年金、まだまだ遠い男女平等への道

あなたも入っている?!最強の医療保険

  「短期払い」と「終身払い」どっちがお得?

仏壇から出てきた30万円の保険証券

自分で保険を見直そう! の ウソ・ホント?!

この半年間で変わった??“保険見直し方法”とFPのスキル


気持ちが“ガックシ”落ち込む“学資”保険(笑)







Copyright(c),はじめての保険見直し & 住まいと保険と資産管理 All Rights Reserved.
Powered by HIA