はじめての保険見直し
生命保険見直し3つのポイント 生命保険見直し4つの方法 生命保険見直し5つのステップ 生命保険見直し6つの判断基準 生命保険見直し用語集 無料ダウンロード
生命保険の見直し > 保険見直しコラム





保険証券分析で必ず注目する2つのポイント《初級編》】


まず、
目の前にある保険証券を見てください。

そして「どうしても目が泳いでしまう」人は手をあげてください!

なるほど、目が泳いでしまう人はケッコウいますね。
でも、安心してください。90%以上の方と同じです。

手をあげなかった人はさすがですね。
かなりよく勉強されていてスゴイと思います。

それでは、本題に入っていきましょう。



  ▲ ◆
 
□▽ ■  精神的・経済的に大きなショックを受ける3つの場合


突然ですが、質問です。

「あなたは、ご主人様にどういうアクシデントがあった場合に、精神的・
 経済的に大きなショックを受けると思いますか?」


今から30秒待ちますので、
思いついたことをどんどん言ってください。

いかがですか? 


「もし交通事故に巻き込まれたりしたらショック」
「タバコの吸いすぎで肺ガンになったら怖いわねー」
「ダンナが会社をクビになったら、実家に戻らなきゃ…」

…色々出てきましたが、ここでは以下の3つにまとめてみましょう。

  (1)死亡した場合
  (2)入院や手術をするほどの、大きなケガや病気になった場合
  (3)勤務先をリストラされた場合(!?)


もし、上記の状態になったらと考えると、不安ですよね。

といっても、(3)の心配を民間の保険ではカバーするのは困難です。

でも、この講座で学んだ保険見直しを実行して浮いたお金を利用して、
ご主人様および奥様、共にスキルアップできるように自己投資していけば
大丈夫ですので、ご安心ください。

さて、今日の本題は(1)と(2)の場合です。
この2つが起こった場合に、家計が破綻してしまうことはないのか?

って心配ですよね。
そこで、本日の講義では

 
1.死亡したら必ずもらえるお金(遺族生活保障)
 
2.入院したら必ずもらえるお金(入院日額)

の2つについて、ご主人さまの保険ではどれくらい用意されているのか
について、じっくり分析してみましょう。

さあ、ここで保険証券をあなたの目の前に置いてください。



  ○ ◆
 □
▽ ■   死亡したら必ずもらえるお金はいくら?


保険証券の書き方は会社毎に異なりますので、一概には言えませんが、

 「死亡保険金○○○万円」
 「死亡・高度障害のとき○○○万円」
 「非災害死亡のとき○○○万円」

というように、
死亡した場合の合計金額を記載されているものがあります。

この記載があれば、
ご主人様に万一のことがあった場合に、
遺族生活を維持するためのお金がいくらもらえるか
一発で解りますね。

このような記載がない方は、
下記の手順に従って確認ください。

記載のある方も、勉強のために確認してみて下さい。

♪♪♪・・・

皆さんが見ている保険証券に下記の文字が並んでいませんか?

   「終身保険
   「定期保険特約
   「生存給付金付定期…」
   「特定疾病保障定期…」
   「3大疾病保障定期…」
   「重度慢性疾患保障…」
   「重度障害保障…」

これらは、死亡した場合に
保険金が一括で支払われるものになります。

このうち死亡時に支払われる金額をすべて合計してみてください。

 (例)終身保険300万円+定期保険1500万円=1800万円

♪♪♪・・・

次に、ちょっと変わったカタチの死亡保険です。

   「生活保障…」
   「収入保障…」
   「家族収入…」

これらは、死亡した場合に
保険金が「年金形式」で支払われます。

この場合は、総額でいくら支払われるのか計算してみてください。

 (例)年200万円を10年間もらえるなら、掛け算して2000万円

♪♪♪・・・

そして、全て合計してみてください。

(例)1800万円+2000万円=3800万円

ご主人さまに万一のことがあった場合に、
必ずもらえるお金(遺族生活保障)はいくらになりましたか?



  ▲ ◆
 □
▽ ■   入院したら必ずもらえるお金はいくら?


お手元の保険証券には、以下のような文字が並んでませんか?
これらは、入院や手術に関連するものです。(他にも色々あります)

   「疾病入院…」
   「災害入院…」
   「手術…」
   「成人病…」
   「通院…」
   「傷害損傷…」
   「長期入院…」
   「退院給付…」

色々ありますが、
ご主人様が大きなケガや病気で実際に入院して、個室
または2人部屋に入ることになったと想像してみましょう。

そんな場合、入院日数が1日延びる毎に、
数千円〜1万円以上のお金が掛かると思うと、
ご主人様の体が不安なだけでなく、
家計についても不安になってきますよね。

ここでは

「入院したら必ず、日数に応じてもらえる給付金はいくらか?」

を見きわめることにしましょう。

必ず見てほしいのは、
「疾病入院」「災害入院」です。

例えば、

   ・疾病入院(特約) 5000円
   ・災害入院(特約) 5000円

と記載されていれば、
病気でもケガでも、どんな理由で入院していても
1日につき5000円が支払われます。これが基本となります。

(ただし、何日以上の入院で支払われるのか、
 何日目から最長何日目まで支払われるのかについては確認が必要です)

もしもご主人様が入院したら
必ずもらえる1日あたりのお金はいくらか、
把握できましたか?

♪♪♪・・・

それでは、
保険証券分析で必ず注目する2つのポイント《初級編》」
のまとめに入りましょう。

保険証券を分析する場合、まずは以下の2つのお金を計算しましょう。

 
1.死亡したら必ずもらえるお金(遺族生活保障の合計)
 
2.入院したら必ずもらえるお金(入院日額)

保険を『定食』にたとえれば、
これらは「ご飯とおかず」のようなもの。

他にも、「味噌汁」や「小鉢」や「漬物」や「デザート」など、
色々なものがついている場合が多いですが、
基本はこの2つですので押さえておきましょう。

これさえしっかりできれば、初級編は卒業です。



――次のコラムでは、なんと1800万円以上の保険がもらえちゃう?
   子供が生まれると、もれなくついてくる保険をお送りします!




▼住まいと保険と資産管理・東京本社の様子
 
→FPの事務所風景はこちらから

▼現在、保険の見直しを検討されている方へ


  1.毎月の保険料がトータルで3万円以上(20代は2万円以上)と負担感がある方
  2.過去に勧められるがままに加入した保険を一度も見直していない方
  3.不測の事態が起きても困らないプランを専門家と一緒に作りたい方


  
3つのいずれかに当てはまる方は ⇒
保険見直し相談 (←まずは初回相談の利用からおすすめします)

生命保険見直し相談はこちら

東京本社・大阪・名古屋・静岡など、青森から福岡まで全国25支部にて3つの領域に強いFPの相談が受けられます。専門のファイナンシャルプランナーによる個別のサポートを受けながら、適切な「保険見直し」を行いたい方は、初回相談(60分2,100円)から気軽に利用ください。お問い合わせ・ご予約は、0120-374-849(平日10:00〜20:00)までどうぞ ⇒保険見直し相談

監修責任者 宮越 肇

宮越肇が動画で解説 『ファイナンシャルプランナーに保険見直し相談をしたい方へ』(4分05秒)

  運営会社情報

◇39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン
◆人気の『女性のためのミニセミナー』受講受付中



■生命保険見直しコラム

保険証券分析で注目する2つのポイント

子供が生まれると、もれなくついてくる保険

自営業者とサラリーマンの深いミゾ

実は2種類ある学資保険

あなたの入院日額はいくら必要?

「お小遣いがもらえる保険」のナゾ

変額保険「終身型」って怖い!?

終身保険1000万円は必要か?

パパが残してくれた4000万円のてん末 

「個人年金、今から入るのはソンなの?」

「必要な保障額は、減っていく!?」

医療保険の落とし穴

安全な保険会社のみわけ方

保険証券分析で見るべきもう一つのポイント

  公的遺族年金、まだまだ遠い男女平等への道

あなたも入っている?!最強の医療保険

  「短期払い」と「終身払い」どっちがお得?

仏壇から出てきた30万円の保険証券

自分で保険を見直そう! の ウソ・ホント?!

この半年間で変わった??“保険見直し方法”とFPのスキル


気持ちが“ガックシ”落ち込む“学資”保険(笑)






Copyright(c),はじめての保険見直し & 住まいと保険と資産管理 All Rights Reserved.
Powered by HIA